2017年10月24日

悲劇の天才 ジネット・ヌヴー

 久しぶりに室内楽のコンサートに行ってブラームスの三重奏を聴いた。それでブラームスのヴァイオリン協奏曲を聞こうと思い、名演奏はどれか、というのをネットで調べてみた。著名な音楽評論家が集まって審査した結果などというものはなくて、素人、プロの演奏家、評論家などの意見がいろいろと出てくるが、わりと多かったのが、ジネット・ヌヴーというヴァイオリニストの演奏だ。
スクリーンショット 2017-10-24 19.09.38.png

 ブラームスの協奏曲は、Prestoclassical というサイトからダウンロードした。ソナタとの2曲で約1500円。シュミット=イッセルシュタット指揮、北ドイツ放送交響楽団、1948年5月3日ハンブルク音楽ホールでのライブ録音。ファイルは、Flac 393kbps 16bit 44.1kHz。約70年前の録音ー勿論モノラルーとは思えない非常に良い音質である。ヌヴーの演奏について何かを書く資格はないが、素人でも大変力強い演奏であると感じられる。

パリに生まれ、5歳でヴァイオリンを始め、15歳の1935年にヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝した。この時の第2位がダヴイッド・オイストラフであった。そしてオイストラフはコンクールの後、妻に手紙で、「誰も彼女には勝てなかっただろう」と書いている。翌年、ニューヨークでデビューし、一躍スターとなったが、戦争のために演奏活動は中断され、1945年になってロンドンでのデビューを果たした。しかし、1949年30歳で航空機事故により亡くなった。

 1949年10月28日、パリのオルリーからニューヨークに向けたエール・フランスのロッキード・コンステレーション機は、経由地のサンタマリア空港があるアゾレス諸島のサン・ミゲル島で墜落した。乗客乗員48人全員が死亡した。ジネット・ヌヴーは、兄でありピアニストであるジャン・ヌヴーやミドル級の世界チャンピオンであるマルセル・セルダンと共にこの飛行機の乗客であった。ヌヴーがセルダンにヴァイオリンを見せている搭乗直前の写真というのがある。(Aviatechno.netの記事から)

スクリーンショット 2017-10-22 15.50.03.png

 ヌヴーについて書かれているものを見ると、遺体はストラディバリウスをしっかりと抱きしめていたというようなことが書かれているのが多いが、誤りである。

 ヌヴーは、ストラディバリウスとガルダニーニを持っていて、2つのヴァイオリンを2重ケースに入れていたが、このストラディバリウスは、アントニオ・ストラディバリウスではなくて息子のオモボロ・ストラディバリウスの作であった。また、ケースは、事故後にアゾレスの農民が持っていたのを発見され返還されたものであって、遺体が抱いていたということはなかった。

パリのヴァイオリン工房の主人のエテイエンヌ・ヴァテロが、1982年にテレビ番組でこのヌヴーのヴァイオリンについての証言をしている。

 「エール・フランスの事故調査委員会の人がヴァテロの工房を訪ね、ヴァイオリンケースを持ってきた。ケースは、1本の壊れた弓ともう1本、ロンドンのヴァイオリン商”Hill and Sons”の銘があり、金と鼈甲で装飾された弓が入っていたが、他には木屑一つなかった。委員会の人に、どこで見つけたのかを聞くと、山の周辺で残骸を調べている時にヴァイオリンの音が聞こえたので、その家に行くと一人の男がその弓でヴァイオリンを擦っていたので、質問したら、それは見つけたものだと答えたという。ヴァイオリンはどうしたのかと聞くと、委員会の人は、「それはまあ、ヴァイオリンは、すごく古く見えた(Vous-savez? Il avait l’air tellement vieux.)」と答えた。ヌヴーのヴァイオリンが生き残っているかどうかは誰もわからない。」

 以上がヴァテロの番組での証言であるが、この後、興味深い事実が紹介される。ベルナール・ランジェッセンというピアニストが出演し、「事故後現地に赴いた在リスボンのフランス領事が事故翌日に一人の漁師がヴァイオリンの頭部(スクロールと言う)を持っているのを見つけた。これがそのスクロールだ」と言って、ポケットから取り出して、ヴァテロに見せると、ヴァテロは、非常に感動した表情で、「間違いなくヌヴーのヴァイオリンのスクロールだ。普段はメガネをかけるけど、これはメガネなしでもわかる。信じられない。自分の父親が、アメリカに行く前にヌヴーに売ったガルダニーニだ。ストラディバリウスではない。」と証言する。番組には、アイザック・スターンも出ていて、感極まって涙を見せるヴァテロの肩に手を当てて、スターンが慰める場面が見られる。

スクリーンショット 2017-10-22 15.09.46.png

 ヌヴーの2つのヴァイオリンの運命は不明であったが、このヴァテロの証言で、ガルダニーニは破損したことがわかった。一方、ストラディバリウスの方は、もしかしたら、ケースと弓を持っていたアゾレスの男が持っていたものかもしれない。ただ、ケースは壊れていないのに、ガルダニーニは壊れていたので、ストラディバリウスも同じ運命をたどったのかもしれない。今だったらこのアゾレスの男、つまりケースと弓を持っていた男に、どういう形でケースや弓を見つけたのかなどを質し、さらなる追求が行われたであろうが、いかんせん戦後間もなくの1949年のことであり、放置されてしまったものと思われる。

 下世話な話になるが、調べてみると、アントニオ・ストラディバリウスは、数億円。オモボロ・ストラディバリウスでも1億以上はするらしい。ガルダニーニは少し落ちるが、1億くらいはするとのことである。

 ヌヴーはガルダニーニをアメリカに行く前に買っているが、オモボロ・ストラディバリウスはいつ買ったのだろうか。1890年創刊の英国のThe Stradという弦楽器に関する雑誌によるとヌヴーがガルダニーニを買ったのは、1935年にヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールに出場する前だとされている(2013年2月号)。ジネットはこの時まだ15歳だし、家は金持ちではなかったはずで、一体どうやってオモボロ・ストラディバリウスを買ったのだろうか。当時は、それほど高くはなかったのだろうか。

 さて、ヌヴーはさらに不幸な目にあう。遺体が取り間違えられたのである。しかし、幸い、1ヶ月後に本当の遺体が見つけられ、ペール・ラシェーズというパリの東部にある墓地に埋葬された。

 また、1956年にパリの18区に新たな道路が作られ、ヌヴーを悼み、ジネット・ヌヴー通りと命名された。その道は、クリニャンクールの蚤の市とパリの環状線を挟んで対角線上にある公園の周りの道である。パリに住んでいた時に蚤の市は結構行ったが、当時はヌヴーのことなど知らなかったので、ヌヴー通りに行ったことはない。誠に残念なことをしたと、今では、思う。


posted by chobi at 20:06| Comment(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二つのバイオリンの話など、興味深く拝見をさせて頂きました。
パリにお住まいだったのですね。
初めて知ったことも多く、とても貴重な記事をありがとうございます。
ストラディバリの行方は闇のかなたですが、確かにオモボノ・ストラディバリの入手の件は少し不思議です。
当時の価格など、今後詳しい方に尋ねてみたいと思います。
Posted by とらもく at 2017年10月26日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。